お知らせ
  • 10.12
  • 2021

新しいスコープを導入しました。

10月12日にペンタックス ビデオ鼻咽喉スコープ VNL8-J10を導入しました。従来のファイバーよりも細いため痛みが少なく、高画質のため、より精密な診断が可能となります。みみ、はな、のどでお困りの方は、お気軽にご相談ください。 ...

お知らせ
  • 10.02
  • 2021

インフルエンザ予防接種について。

 当院では10月5日より、1歳からインフルエンザ予防接種を開始致します。予約は行っていないため、先着順となります。お電話による予約はできないため、ご了承下さい。当日接種は可能ですが、在庫が無くなり次第終了となりますので、ご了承ください。 ・0歳の方は小...

医療情報
  • 09.08
  • 2021

超音波ネブライザー 

 オムロン社製の超音波ネブライザーを導入しました。従来のネブライザーよりも、ジェットの勢いが強いものになります。  ネブライザーの目的は、鼻腔、咽喉頭、気道の加湿を行い、分泌物を柔らかくして排出しやすくする事により、鼻腔と気道を開通させる効果があります...

医療情報
  • 08.23
  • 2021

ストロボスコピーについて

 声帯は声を出しているときに、1秒間に100回以上、開いたり閉じたりします。  ストロボスコピーは、声帯の周波数と少しだけずれた周波数で光を点滅させ、声帯の動きをあたかもスローモーションのように観察をする事ができます。こちらによって、通常の内視鏡検査で...

医療情報
  • 08.20
  • 2021

好酸球性副鼻腔炎について。

 好酸球性副鼻腔炎は ①両方の鼻にポリープができる ②気管支喘息やアスピリン喘息を合併している ③嗅覚障害を合併している ④ステロイドが効く ⑤再発しやすい  上記を特徴とする副鼻腔炎です。  喘息とはコイン...

医療情報
  • 08.19
  • 2021

鼻声について。

 鼻声は鼻が詰まった感じの声になる「閉鼻声」と、鼻が抜けた感じの声になる「開鼻声」があります。  原因としてはアレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、アデノイド肥大などがあります。診断には内視鏡検査、CT検査が有用です。  鼻声に関しては定量的な評価はなかな...

医療情報
  • 08.18
  • 2021

声の衛生管理

 のどの健康の維持には、1日1.5リットル以上のこまめな水分摂取が推奨されております。のどの乾燥は大敵です。コーヒーやお茶に含まれるカフェインはのどの水分を奪うため、最もお薦めの飲み物は「ぬるま湯」となります。  また喉の周りの筋肉も、普段から使ってい...

医療情報
  • 08.16
  • 2021

咽喉頭逆流症(LPRD)について。

 胃酸が逆流してのどに様々な症状を起こす病気を、咽喉頭逆流症(LPRD)といいます。具体的な症状としましては、咳ばらい、声のかすれ、のどの違和感、つかえ感、飲み込みにくさ、げっぷ等があります。  当院でまず行う検査としましては、内視鏡検査、PPIテスト...

医療情報
  • 08.12
  • 2021

睡眠時無呼吸症候群

 睡眠時無呼吸症候群は気道が狭くなり、睡眠中に何度も呼吸が止まってしまう病気です。寝ている間のことのため、自分では気づきにくい病気ですが、家族に指摘をされてみつかる事があります。  睡眠時無呼吸症候群を引き起こす原因としましては ①加齢 ②...

医療情報
  • 08.05
  • 2021

歯が原因で起こるちくのう症、歯性上顎洞炎について

 上あごの歯が原因で起こるちくのう症(副鼻腔炎)を、歯性上顎洞炎といいます。全てのちくのう症のうち、おおよそ10%を占めます。上あごの歯の痛みがある、黄色い膿が出る、臭いにおいがする、後鼻漏、鼻が詰まる、ほほの違和感、痛み、しびれ等の症状がありますが、歯の根...

PAGE TOP